令和3年度 第2回研修会

主催 一般社団法人 日本樹木医会

埼玉県支部長 松本 竹吾

※本研修会は終了しました。

桜の診断・樹勢回復~抑えておきたい桜の特性

 日本の象徴でもあるサクラは、伝統的なお花見の対象としてだけではなく、文化財としての利用も含め多様な用いられ方をしています。樹木医が相談を受ける樹木の中でもサクラが多いのではないでしょうか。今回の研修では、サクラに関する基本的な知識や特性を再確認するとともに、昨今の環境変化がサクラに及ぼしている事例の紹介を通じて、サクラを診断・保護する際の注意点についてより理解を深めて頂きたいと思います。

 本研修会は樹木医CPDプログラムに認定を行う予定ですので、今後の活動にお役立ていただきたいと存じます。

講   師  公益財団法人 日本花の会〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

                             樹木医 西山 正大 氏

日   時  令和3年7月25日(日)

13時10分から16時50分

参 加 費  ¥1,500円

定   員  30名 満員になり次第締め切ります。

       受講可能者には受付票を返送いたします。

研修会場所  「With You さいたま」 視聴覚セミナー室

        埼玉県さいたま市中央区新都心2-2

最 寄 駅  JR宇都宮線・高崎線・京浜東北線

               「さいたま新都心」

ア ク セ ス  別紙参照

申し込み 令和3年7月20日(火)まで

氏名、樹木医登録番号、所属支部、申込人の連絡先(メールアドレスおよび日中連絡が取れる電話番号)を記載して、メールもしくはファックスにてお申込みください。
〇〇メール   saitama_jyumokui@hotmail.co.jp
〇〇ファックス 048-982-3327
〇〇研修担当(緊急連絡先) 樋口 裕仁 090-6022-2708

〇〇受講可能者には受付票をメール・FAXで返信いたしますので、当日必ず印刷してお持ちください。

〇〇この時期ですので、お手数ですが「研修会へ参加される皆〇〇へ」を必ずお読み下さい。

〇〇マスクの着用及び発熱等の体調不良の場合には、研修会の〇〇加はご遠慮いただきます。